シノケンハーモニー資料請求


意思表示の確認の重要性

今日は収益物件の話をちょっとそこにおいといて


今日は後見人になられたからの物件の売却依頼があり、
物件確認をしてきました。


その世間話の中で、後見人制度の話などをしていました。


被後見人の方はほとんど意思疎通ができない状態だそうで、
被後見人と後見人との間には会話が成立しないそうです。

※ちなみに成年被後見人とは・・・
 精神上の障害によって物事の判断能力を欠く常況にあるもので、
家庭裁判所で後見開始の審判を受けた者をいいます。


その後見人の先生いわく「被後見人の方は、意思の疎通ができていない」と
いうことがわかります。


しかし、被保佐人の場合は、ほとんど普通の方とわからないそうです。


その被保佐人の話を間に受けて契約をしたりしても、契約は取り消される
ので、これから高齢社会においては、十分に注意する必要があります。


つまり、不動産売買の本人からの意思確認だけでなく、そのご家族の方からも
その意思が本当なのかどうか確認する必要があります。


もちろん、不動産業者にとって本人確認と意思表示の確認は基本ですが・・・・


収益物件の不動産投資のトップへ

このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP