シノケンハーモニー資料請求


収益物件の秘密!不動産投資スピード成功法TOP >  オススメ書籍  >  1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 |金森 重樹

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法 |金森 重樹

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法
金森 重樹
ダイヤモンド社 刊
発売日 2005-10-28



不動産投資をする前に必ず読むこと。 2005-11-03
今の日本の不動産投資の現実と、会社への依存体質の危険性をきちんと語っている点で好感が持てる。さらに銀行の本音も見事に洞察し、銀行員の目から見ても鋭いとしか言いようがない理論構築がなされている。(特に住宅ローンの危険性)
株にしろ、不動産投資にしろ、一般の投資家は食い物にされるようになっているのだが、著者の理論を理解し、自己の投資行動に生かせば、その危険は軽減するものと思われる。また、それが著者の利益にもつながれば、互いにとって幸福なことでもあろう。もっともこれからの経済動向によってはどうなるかわからない。
不動産投資はかなりのリスクである。しかし何もせず、定年を迎えることもまたリスクなのだということが良くわかる良書である。

相変わらずの煽動力 2005-11-16
面白く読ませて頂きましたが、大事なのはこのノウハウの中の"If not"の部分をきちんと読みとることだと思います。収益還元法を利用すれば誰でも儲かるとも、まして億単位の借金をすれば誰でもキャッシュフローで食べていけるなんてことは書いていない。さらに、このやり方で彼が何年間不動産事業を手掛け、どれだけ成功したかも(数人の突出した超短期成功事例を除けば)きちんと記載されていない。
相変わらずアイデアとビジネスモデルは素晴らしいと思うが、法制度や地合いが変わればとたんに効力を失う(大損をする)アイデアでもあり、本当の勝者は不動産を売ることではなくアイデアを売ることで儲けた彼だけ、という結末になるのではないかと思います。金森氏は「考えるとやるとは大違い」の現実をよく見極めていて、だからこそ題材を変えながら「考えるだけで済む」バイブル商法を転がして
いるのではないかと感じました。相手を煽動する、不満をマッチポンプにし焚きつける説得技法はさらに堂に入ってきた感がありますが、彼のアイデアの根底にあるのは、前作で書かれていた「インフォミディアリ(情報仲介業、情報のマッチングシステム)」です。この「集合知」をビジネスに結びつけられるチャンスはまだまだ他業種でもあるような気がするので、今後また違う業種でのビジネスモデルを著述されることでしょう。マーケティングとは言うものの、供給側(こちら側)の効率性を上げることばかりに視点が偏り過ぎて、顧客(マーケット)の事を説いた記述が相変わらず非常に少ないですが、これは「実際は顧客がいなくても済む」商法をされているからではないかと感じました。

ロジックあり! 2005-11-12
タイトルは凄いのだが、内容はロジカルなので、
つまらない成功ノウハウ本よりははるかにいいだろう。
不動産に焦点をあてた本書は、これからもしかしたら
必需品化するかも?


さらに詳しい情報はコチラ≫



このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP