シノケンハーモニー資料請求


収益物件の秘密!不動産投資スピード成功法TOP >  オススメ書籍  >  「お宝不動産」で金持ちになる!-サラリーマンでもできる不動産投資入門 |沢 孝史

「お宝不動産」で金持ちになる!-サラリーマンでもできる不動産投資入門 |沢 孝史

「お宝不動産」で金持ちになる!-サラリーマンでもできる不動産投資入門「お宝不動産」で金持ちになる!-サラリーマンでもできる不動産投資入門
沢 孝史
筑摩書房 刊
発売日 2004-02-26

この超低金利と年金不安の時代に、高い利回りと将来にわたる家賃収入が得られるとする不動産投資は、確かに魅力的である。しかし、建物の老朽化や空室、地価下落、あるいは宣伝どおりの高利回りが得られるのかといった心配の種も尽きない。所得上位10%の富裕層入りを目指して着々と投資事業を拡大する著者が言う「お宝不動産」とは、そうした種々のリスクをできる限り回避した優良物件のことである。
著者は、不動産投資には「利回りの落とし穴」と「不動産価格の落とし穴」があるとして、「実質利回り」や市場価値の目減り率などに着目。そこから採算がとれる最低限の条件を導いている。それをクリアした物件が晴れて「お宝不動産」というわけである。ここでいう利回りと実質利回りの違いは、ぜひ押さえておきたい知識だ。また、建物の収益力を重視する考え方なども注目である。
この「お宝不動産」ねらいの戦略で、著者は10年のうちにアパート7棟を取得し、年間で家賃収入2500万円、手取り750万円を稼いでいるとのこと。その購入時の物件見極めの様子や試算などをくわしく記した体験記の章は、じつに読みごたえがある。
著者の大胆さをまねるのは難しそうだが、物件のターゲットを絞り、不動産や銀行の担当者と良い関係を築き、効率的な情報収集を行い…といった個々のノウハウは参考になる。とくに、家賃収入を新規投資に回して事業を広げていく著者の確立された事業スタイルは、迷い多き不動産投資の指針になる。――2004年2月(棚上 勉)

日本にもいた!金持ち父さん。 2004-03-09
 昨今、アパート・マンション経営を勧める本を多く見うけます。
が、意外と本当に知りたい,肝心な事が書かれていません。 この本は、著者の経験が包み隠さず、素直に淡々と書かれており、
好感が持てます。
読んでいくうちに「自分でもできるかも」という気分にさせられます。 コンビニ経営を失敗し、再起を果たした著者。「金持ち父さん貧乏父さん」のロバートキヨサキの「失敗を恐れるな!」
という言葉をそのまま地で行っています。
BR>金持ち父さん予備軍は、必読です!

不動産how toの良書です。 2005-02-07
不動産how toの中では最も良い書だと思います。
コンビニ失敗で1千万の財産全てを棒に振ってから、まさに
不動産として成功するまでが述べられているわけですが、
その精神力は賞賛に値します。
キヨサキ氏も言っている、まさに「勝利は敗北の後にやってくる」を
実践した人ではないでしょうか。
著者の人柄の良さも文面から感じられ、非常に読みやすい書です。
特に印象に残っている箇所は、不動産の担当者にこれだという人が
見つかったら、決して次の不動産を買う際も浮気をせず、その担当者を
指名するといった箇所です。信頼関係が大事だというわけですね。
ただ、利回りなどの計算箇所が細かすぎた点が減点箇所です。

やっと、「お宝不動産」を買えました 2004-12-17
この本を手にしたのは、2004年の3月だったでしょうか?
これほど、不動産投資のリスクについて、理屈で納得できた本は他にはなかったので、
本当に、この本に書かれたとおりの手法を使って物件を判定し、実践してみました。不動産は、株などの投資と違って、「欲しい」と手をあげたら買えるものではありません。
だからこその苦労も色々ありましたが、
やっと、「お宝不動産」と言える物件に出会い、晴れて、大家さんになれました。今では、沢山の「不動産投資本」が溢れるようになりましたが、質のよい本は少数です。
特に、自分が許容できるリスクを把握できる本は、他にはありませんでした。
この本を元に話を進めると、何人もの不動産屋さんが、
「旧来の考え方とは違うけれど、納得しました」と言われました。私が自信を持ってお勧めできる一冊です。
他の本と迷っている方がいれば、是非!この本は「カイ」です!


さらに詳しい情報はコチラ≫



このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP