シノケンハーモニー資料請求


収益還元法とは

収益還元法とは・・・

不動産の鑑定評価する方法には大きく分けて3種類あります。

原価法と呼ばれるもの。

続いて、取引事例比較法。

そして、収益還元法です。

取引事例比較法では、周辺の取引事例から土地の値段を
算出し、売買するといった手法です。

バブルのことは盛んにこの手法で取引されていました。

その結果、キャピタルゲインばかりを追求し、一気に
地価が下がったときには誰も対処できなくなってしまったのです。


それと比較して「収益還元法」は地価や建物価格は関係なく
その物件から生み出される収益性にのみによって
査定される方法です。

1年前なら利回り10%以上といった物件もありましたが、
今では7~8%が相場として落ち着いている状況です。

ただし、融資を多く受けられる投資家の皆さんは
7~8%では先行きつまってしまいます。

最低でも10%以上の物件を購入しましょう。

収益物件の秘密!不動産投資スピード成功法 トップへ

このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP