シノケンハーモニー資料請求


収益物件の秘密!不動産投資スピード成功法TOP >   >  平成20年の不動産投資を考える

平成20年の不動産投資を考える

平成20年の不動産投資を考える

平成20年が始まりました。


大阪では、えっべさんが終わらないと仕事にならいような雰囲気が
ありますが、そういう意味では今日から本格的な仕事の
スタートですね。


お正月気分もすっかり抜けましたが、今年に入って昨年までと
一転して暗雲立ち込めるといった感じでしょうか?


昨年よりも物件に対する見る目が厳しくなりましたし、売り買いが
少なくなりましたね。


しかし、何とか売り抜けしたい物件の所有者は相場感よりも
高い価格で市場に流通させています。


これから先はどうなるのか、ちょっと考えてみたいと思います。


2008年の不動産投資の状況は、2パターンに集約されるのではないでしょうか?


ひとつは、相場はまだまだ下がる、という傾向と春から夏までに下げ止まり
多少不動産投資の物件は流通が多くなる、この2つしかないでしょう。


皆さんが期待される、いや業者さんだけが期待する、不動産投資に対する
大きな期待は、おそらくないと想像されます。


では取るべき戦略は・・・


金融機関に対して過剰な融資を受けることなく不動産投資を
キャッシュで行なえる投資家は、値下がりするであろう物件を
仕込む価値ありですね。


今、収益物件を所有されている投資家の方でも状況を見て売却するという
スタンスもお持ちください。一方でバリューアップするための入居率や
付帯設備の充実なども検討してくださいね。


また、これから・・・と思っている投資家の皆さんは、今はちょっと一休み
してくださいね。あまりいい状況ではありません。


今年1年おそらくこのような状況の中で、皆さんはどう行動するのか・・・
変動の一年ではありますが、チャンスの一年にもなりそうですね。

このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP