シノケンハーモニー資料請求


ハザードマップで浸水予想を

ハザードマップってご存知ですか?ハザードマップは防災のための災害があった時にどういう災害が起こる可能性があるかということを市町村が公表しているマップなんですね。

詳細は国土交通省のハザードマップポータルサイトを参照してください。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

最近、首都圏などを中心にゲリラ的に集中豪雨が発生していますよね。排水の処理能力が追いつかずちょっと低い土地には水が流れていく・・・ということが起こっています。

テレビの映像を見ていても怖いですよね。特に収益物件をお持ちのオーナーさんにとって1階の店舗や地下の店舗がある物件はちょっと心配ですよね。

水に浸かってしまうとなかなか回復は困難になりますし、このあたりは水に浸かるということが風評として伝わると借り手がなくなるといったことも考えら得ます。

最近の重要事項説明では、ハザードマップを添付して買主の了解を得るということも行なっていますが、これから物件の購入を検討している方は事前に調査しておくことも必要ですね。

しかし、真剣に調査しすぎてしますと買う気持ちがなえてしまうこともお忘れなく(笑)

実際に、浸水の被害があった買主さんが仲介業者を相手に裁判を起こしているという例もありますので、ハザードマップの重要性を認識しつつ、またこの機会に、自分の住んでいる地域や所有している物件の地域の災害に関する影響はどうなるのかなどを確認してもいいですね。

このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP