シノケンハーモニー資料請求


収益物件の秘密!不動産投資スピード成功法TOP >  収益不動産の見極め  >  土地から仕込むか、既存の収益物件を購入するか

土地から仕込むか、既存の収益物件を購入するか

サブプライムの問題から世の中は大きく変動しようとしています。今日のニュースを見ていてもトヨタの城下町2市で入る予定の税金が80億円ショートするという。

ということはニュースでも言われているが、トヨタ本体だけでなく、その周辺産業や従業員まで影響が出ているというわけです。

派遣労働者は、解雇されたとたん、入居していた部屋も明渡さなければなりません。

つまり空室が発生するわけですね。このようなトヨタに特化したマンションやアパートの場合、次の入居者を入れることは、難しい。

不動産投資の難しさを感じますね。

このような状況にあっても収益物件を購入する、土地から収益物件を作っていく、というオーナーさんがいるんですね。

土地から仕込む場合はどちらかと言えば、相続対策という切り口が多いですね。最近では、不動産以外の資産、株式投資などで痛んでいる投資家も多いので、積極的に物件を購入しようとする方も少なくなりました。

それでも、収益物件を購入する場合には、既存物件を購入されることをオススメしますね。

このページの先頭へ
営業マン
収益不動産の売買仲介業している営業マンです。日々営業の中から感じていることを日記風に綴っていきたいと思います。
宅建主任者です♪




ブログランキング

  • seo



お宝不動産投資認定ブロガーとは?
沢孝史のお宝不動産投資日記
お宝不動産投資公式HP